ケイトスペードのおすすめ

ケイトスペードというブランドについて

 

 

Sponsored Link

 

まず最初に、ケートスペード(kate-spade)というブランドについてお話しましょう。

 

ここで「ケイトスペードの歴史」という話は野暮ったいのでやめようかとも思いましたが、ちょっとした雑学としてケイトスペードのルーツを知るのも無駄じゃないので、概要だけ説明しておきます。

 

ケイトスペード

ケイトスペード(正式ブランド名はKATE SPADE NEWYORK)は、1993年にニューヨークで生まれました。デザイナーのケイト・スペードは、ファッション雑誌の編集者だった頃、「もっと実用的なバッグはないのだろうか」と何年も探し回ったが見つからなかったそうです。

 

そこで、夫とともに自らがデザインしたバッグを発表したのが始まりです。ケイトスペードの特徴は、シンプルで張りのある素材、カラフルな配色、そして手の込んだディテールです。

 

今では、バッグのほかにも財布、ポーチ、ノートpcやiphoneケース、ウェアにシューズ、ジュエリー、コスメポーチ、ファッション小物など、幅広いアイテムを扱う総合ファッションブランドに成長しました。

 

ケイトスペードサタデー

実は、ケイトスペードの姉妹ブランドとして、2013年に「ケイトスペード サンデー(KATE SPADE SUNDAY)」がスタートしました。

 

ケイトスペード サンデーはケイトスペード ニューヨークのセカンドラインで、「土曜日のワクワク感を毎日に」をコンセプトに、シンプルなフォルムに大胆なプリントをのせたウェアやコットン、キャンバスのアクセサリーなど、メインラインと同じブランドDNAを踏襲しながら、それらをよりカジュアルに表現するブランドとして低価格なラインを展開しています。(※2015年中に事業展開を中止する予定)

 

ジャックスペード

もう一つは「ジャックスペード(JACK SPADE)」です。

 

ジャックスペードは、ケイトスペードのメンズ・ラインという位置づけで、1997年にケイトの夫であるアンディ・スペードが立ち上げたブランドで、日本でも3店舗ほど運営されていて、人気を集めています。

 

今回は、ケイトスペード ニューヨークに焦点を絞ってご紹介していきます。

 

Sponsored Link

ケイトスペードの特徴

ケイトスペードのアイテムの特徴を一言で表すとすれば、「シンプルデザインと使いやすさ」でしょう。

 

これは、彼女がマドモアゼル雑誌の編集に携わっていた頃から抱いていたバッグに対するこだわりでもあります。

 

ケイトスペードのデザイン

ケイトスペードが作り出すアイテムすべてに、そのこだわりが感じられます。色は控えめなものからカラフルなものまで幅広く、フォーマルな場面からカジュアルなシーンまで対応できます。

 

そして、美しいシルエットとストロー、ツイードといった独特の素材を生かしたアイテムが人気を集めています。

 

ケイトスペードのアイテムは機能性に優れ、特に働く女性のことを考えたとても実用的でファッショナブルなデザインに仕上がっています。

 

ケイトスペードのアイテムのお値段は、通常のバッグで4万円前後、革製品だと6万円前後で売られています。

 

財布や小物類だと2万円前後あたりでしょう。やや高めの値段ではありますが、多くの女性から支持を集めています。

 

ケイトスペードは機能的デザイン

日本では、2004年に東京・青山に旗艦店をオープン、マザーバッグや靴、財布、アクセサリー、リネン、サングラス、テーブルウェアなどのインテリア系の製品まで幅広く扱われています。

 

ケイトスペードの人気アイテムといえば、どこのブランドもそうであるように、財布、バッグ、ポーチ、キーケースなどの順で人気を集めていますが、最近では「iphoneケース」が加わり、トップの座を揺るがす勢いです。

 

ケイトスペードのモダンなデザインが、iphoneケースとマッチし特に女性からとても注目されています。

ケートスペードとは?

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link