スナイデルがおすすめ!

スナイデルのアウトレットを探すならアウトレットモール!

ファッション・ブランドのアウトレット品はどこのブランドでも依然人気が高いようで、スナイデルのアウトレットを探している人もやはり多いと思います。

 

スナイデルは、高級ブランドとまではいかず、価格帯からすると、どちらかというとリーズナブルなブランドだと思います。

 

もちろん、アウターなどの厚物は2万円を超えるものもありますが、通常、ワンピースやスカート、パンツ、シューズ、バッグなど、8,000円前後からせいぜい15,000前後ぐらいが主流です。

 

それでも、アウトレットを求めるのは、やはり破格の物が出回っているからでしょうか。

 

スナイデルのアウトレットを探す場合、直接アウトレットモールなどの店舗で探す方法とインターネットで「アウトレット」や「中古」で検索して探す方法の2種類が考えられます。

 

まず、アウトレットモールの方ですが、きっとたくさんのモールに入っているものと期待して探してみました。

 

三井アウトレットパーク木更津

アウトレットモールの中でも最も有名なのが「三井アウトレットパーク」ですが、現在、全国に12店舗ある三井アウトレットパークの中でスナイデルのアウトレットを出品しているのは残念ながら札幌北広島店(北海道北広島市)、木更津店(千葉県木更津市)、ジャンズドリーム長島店(三重県桑名市)、滋賀竜王店(滋賀県蒲生郡)の4店のみでした。

 

 

他に有名なところでは、プレミアムアウトレット系列ですが、こちらも全国8店箇所に在する店舗のうち、スナイデルが入っている店舗は御殿場店( 静岡県御殿場市)のみとなっています。

 

これから増えていくかもしれませんが、スナイデルのアウトレット品を探すなら現在のところは通販に軍配が上がりそうですね。

スナイデルのアウトレットをネットで探すなら!

ここでもう一度おさらいをしておきますが、「アウトレット」というのは、決して「中古品」(誰かが一度着用したもの)ではなく、正規の直営店で販売するには適さない古いモデルや生産過多による大量在庫でさばけなくなった商品のことを言います。

 

スナイデルのアウトレットはどう?

いわゆる「新古品」ですね。ですから、通常のスナイデル販売店で、定期的に行われる「セール」と同等と思っていただいて結構だと思います。

 

ネットを見ていると、中古品(いわゆるリサイクル)とアウトレットを混同しているショップが数多くありますので、その辺は注意深くチェックする必要があります。

 

そういう意味で、あらためてネットでスナイデルのアウトレットを探してみると、専用のショップは意外に少ないと感じました。

 

まずは SHOPSTYLEというサイトですが、スナイデルのアウトレット及びセール品が約400以上あります。

 

おそらく最大級とおもわれますが、値段は10〜50%オフというところです。

 

次に集英社で運営するFLAGSHOPですが、アイテム数は40弱程度です。

 

ほかにはDIVAというサイトはアイテム数30前後、アウトレットCHU:SEというサイトは20弱など。このように単独でアウトレットショップトを探すのには限界を感じました。

 

ネットでアウトレットを探すなら!

やっぱり、楽天市場やアマゾン、ヤフーショッピングなどの大手ショッピングサイトで探す方がアイテム数(ヒット数)も多く、簡単で便利です。

 

楽天でスナイデル・アウトレットを探す!ただし、検索キーワードにちょっとしたテクニックが必要です。

 

冒頭に書いたように、「アウトレット」の定義をはき違えているショップが多く、「アウトレット」だけで検索すると中古品、リサイクル品、古着などもすべてヒットしてしまいます。
そこで、キーワード検索欄には「スナイデル 未使用」とか「スナイデル 新古」と入力して検索してみました。

 

楽天ならこの方法で、中古ではなくあくまでも未使用のスナイデル・アイテムが続々ヒットしますね。アマゾンとヤフーは、残念ながらダメでした。

アウトレットは本当に得?

近年、何につけ「アウトレット」が大好きな人々がたくさんいますが、それはなぜかといえば、「正規品を他人より少しでも安く買いたい!」という願望があるからだと思います。

 

アウトレットは人気が高いけど・・

しかし、その認識も今や通用しない時代に入ってきたとの指摘もあります。

どういうことかというと、一時期のアウトレット人気で、全国にたくさんのアウトレットモールが作られましたが、各メーカーでは消費低迷の環境を打破するために昔のように在庫品を持たなくなったのです。

 

それで困ったのがアウトレットモール・・・肝心のアウトレット品が足りなくなったからです。

 

そこで今、何が起こっているかというと、「アウトレットとして販売するための商品を生産する」という、かなり本末転倒なことが実際に起こっているらしいのです。

 

しかも、そのような商品の比率が本来のアウトレット商品よりも多くなってきているとの指摘もあります。

 

結局、通常商品と同様に生産するわけですから、アウトレットといえども馬鹿みたいに安くは出来なくて、せいぜい通常ショップの半額程度が限界です。

 

アウトレットは本当に安いのか?

逆に、通常ショップで行われる「セール」商品の方がアウトレットモールで売っている商品より安いという結果になっているのです。

 

これは、全てのファッション・ブランドに共通しているかどうかは定かではありませんが、このような現象が起こっていることは事実のようなので、「アウトレット」に目がない方は、その辺をよく考えてみる必要がありそうです。。

 

スナイデルのアウトレット!

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

Sponsored Link